コラーゲンの働きと化粧品選びのポイント

コラーゲンは保湿成分としての面と肌のハリを保つ面を備えており、美容成分の中でもとくに重要な存在です。それでいながらうまく補うのが難しく、配合されている製品を選ぶ際には内容をよく吟味したうえで判断する必要があります。

コラーゲンは皮膚だけでなく関節にも存在している

おすすめ基礎化粧品トライアル

このコラーゲンはたんぱく質の一種で体内に含まれているたんぱく質の約30パーセントを占めています。それだけなじみのある成分でもあるわけですが、その体内のたんぱく質の40パーセントが皮膚に存在しており、正常な状態を維持する上で非常に重要な役割を担っているのです。

 

関節にも存在し、関節痛予防にコラーゲンの摂取を行う機会も増えていますが、この成分には細胞や組織を結びつける働きがあるため、皮膚に含まれているコラーゲンは肌や角質層を結びつけて維持する役割を担っています。

 

角質層では角質細胞を結びつけ、構造を維持する役割を担い、真皮層では肌全体を支えているのです。角質層の構造を維持する成分といえばセラミドが有名ですが、このコラーゲンも重要な存在なのです。

 

そんなコラーゲンの体内の含有量は20歳ころがピークといわれており、その後減少に転じます。30歳前後にその減少が肌に影響を及ぼしはじめることが多く、いわゆる「お肌の曲がり角」の原因となるわけです。セラミドやヒアルロン酸に比べると減少のペースは緩やかですが、それでも60代になると20代の4分の3程度にまで減ってしまいます。

コラーゲンは原材料で浸透性が異なるので種類をよく確認する

おすすめ基礎化粧品トライアル

それだけにスキンケアでしっかりと補っていく必要があるわけですが、この補い方が難しいのもこの成分の特徴です。まず分子量の問題があります。もともと分子量が大きいため、そのままのサイズで肌に塗付しても浸透しにくいのです。

 

角質層の隅々にまで浸透させるためにはナノ化などの技術で分子量を小さくするといった工夫も求められます。また原材料によっても浸透性が異なっており、豚由来のコラーゲンよりも魚由来のコラーゲン(マリンコラーゲン)の方がスキンケアには向いているとされています。

 

さらに問題なのが真皮層のコラーゲンです。減少すると肌のハリが低下しシワやたるみの原因となるのですが、スキンケアで補っても真皮層にまでは浸透しません。

 

そのため体内での生成量を促すことが重視されており、コラーゲンそのものを補うよりもビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンを作る繊維芽細胞を刺激する成分の方が効果的とされています。こうした点も踏まえた上でコラーゲン配合の化粧品選びやハリ対策を行っていく必要があるのです。
コスメルジュ編集部が選んだおすすめ化粧品トライアルセット一覧!>>

ヒアルロン酸の働きと化粧品選びのポイント

ヒアルロン酸といえば保湿成分の代表格、乾燥肌・敏感肌対策はもちろん、エイジングケアでも欠かせない成分として多くの化粧品に配合されています。

ヒアルロン酸は質量の6000倍の水分を溜め込めるため肌のボリュームを維持するのに役立つ

おすすめ基礎化粧品トライアル

この成分はムコ多糖類に分類される成分で、もともと体内に広く存在しています。関節部分にも存在し、高齢者の関節痛対策に用いられる機会も増えていますが、そのほか皮膚や目にも存在し、クッションの役割を担っています。

 

ムコ多糖類はネバネバしているのが特徴なのですが、このヒアルロン酸には非常に優れた保水力を備えているという特徴もあります。

 

質量のじつに6000倍もの水分を抱え込むことができるといわれており、体内、とくに皮膚において水分を保つ重要な役割を担っています。クッションの役割もこの優れた保水力によるものです。

 

角質層でこのヒアルロン酸が保水力を発揮することで水分を維持し、潤いとボリュームのある肌を維持することができます。セラミドやコラーゲンといった保湿成分は角質層の構造を保つことで水分が逃げ出さない状態をもたらす働きがありますが、このヒアルロン酸はこの成分そのものが水分を抱え込んで維持することができるのです。

 

そんなヒアルロン酸ですが、体内の含有量のピークは赤ちゃんの頃といわれています。つまりその後はどんどん減少していくだけ、20歳くらいまでは減少も緩やかで肌への影響は少ないのですが、30歳前後になると減少のペースが加速していくことで乾燥の原因となっていきます。

ヒアルロン酸が減少すると化粧品で補った美容成分も蒸発しやすくなってしまう

おすすめ基礎化粧品トライアル

厄介なのはヒアルロン酸の保水力が失われることで肌が乾燥するだけでなく、化粧水や美容液で補った水分・有効成分を維持することができずに蒸発して失われやすくなってしまう点です。

 

ですからこの成分が不足していると一生懸命スキンケアを行っても十分な効果が得られないわけです。

 

そんなヒアルロン酸にはひとつ大きな難点があります。それは分子量が大きいことで、体内に浸透されにくく、吸収されにくい面があるのです。

 

この点を利用して美容外科ではヒアルロン酸注入の施術も行われていますが、スキンケアで肌に浸透させる点から考えるとこれは大きなデメリット、そのためこの成分が配合されている化粧品を選ぶ場合にはナノ化や加水分解といった技術で分子量を細かくしたものを選ぶのがオススメです。

 

肌が乾燥しやすくなった、スキンケア製品の効果がいまいち実感できない、そんな悩みを抱えている方はこのヒアルロン酸の不足を疑ってみるとよいでしょう。保湿、エイジングケアだけでなくスキンケアそのものの鍵を握る成分といえます。

セラミドの働きと化粧品選びのポイント

セラミドはスキンケアにおいてもっとも重要な成分といっても過言ではないでしょう。保湿成分として知られていますが、保湿対策だけでなくあらゆる肌トラブルの予防・改善、さらにエイジングケアにおいても欠かせない存在です。それだけに化粧品で適切な形で補うことができるようこの成分についての基本的な知識を踏まえておきたいところです。

セラミドが減少すると角質細胞の構造が乱れてトラブルを起こしやすくなる

おすすめ基礎化粧品トライアル

このセラミドは細胞間脂質と呼ばれるもので、角質層において角質細胞を結びつける働きを担っています。健康な肌では角質層において角質細胞が整然と並びながら層をなした構造が作られています。

 

この角質細胞の間にセラミドが存在し、結びつけて構造を維持しているのです。しかしこのセラミドが減少、不足してしまうとこの構造に乱れが生じ、さまざまな問題が生じるようになります。

 

角質細胞同士の結びつきが緩むと隙間が生じてそこから紫外線をはじめとした外部からのダメージが角質層の奥にまで入り込んでいきます。とくに紫外線のダメージは深刻で、真皮層にまで達するとそこで肌を支えているコラーゲンやエラスチンを破壊したるみやシワの原因をもたらします

 

さらに隙間から水分がどんどん表皮へと蒸発して失われてしまうことで乾燥の原因にもなってしまうのです。乾燥によるバリア機能の低下も紫外線のダメージを増す原因ですから、ますます肌環境を悪化させてしまうわけです。

セラミドは原材料と性質によって種類が異なるので、どのタイプが配合されているか確認する

おすすめ基礎化粧品のお試し

このセラミドの含有量は20歳がピークといわれており、30歳前後を境に減少が進んでいきます

 

この時期が「お肌の曲がり角」と呼ばれ、乾燥をはじめとしたトラブルを抱えやすくなるのもそのためです。それだけに日々のスキンケアでいかにセラミドを補うことができるか、が重要なテーマとなるわけです。

 

化粧品でセラミドを補っていくうえではいくつかのポイントがあります。まずセラミドの種類を踏まえておくこと。セラミドは原材料と性質によっていくつかの種類に分けられます。

 

原材料ではヒト型セラミドがもっとも効果が高いといわれ、また刺激に敏感な方にはこんにゃく由来の植物セラミドも適しています。性質ではセラミド1、3、6Uといった種類がスキンケアに適しているとされています。

 

それからどのアイテムで補うかも大事な点です。細胞間脂質ということもあってセラミドは脂溶性、そのため水分が多い化粧水よりも油分が多いクリームや乳液の方が相性がよく使いやすいのです。美容液だけでなくクリームでもうまくこの成分を補っていくようなスキンケア環境を検討してみるとよいでしょう。

プラセンタの働きと化粧品選びのポイント

プラセンタは現在エイジングケアの分野でもっとも注目されている成分といってもよいでしょう。現在でも研究が進められていることで新しい効果が明らかになり、それが美容に役立てられている面もあります。

プラセンタは多くの栄養価を含み健康な肌作りに役立つ

おすすめ基礎化粧品のお試し

プラセンタとは胎盤から抽出されたエキスのことです。胎盤は胎児の成長を促すため、非常に優れた栄養価を備えています。

 

ビタミン、ミネラル、アミノ酸といったわたしたちが健康な体づくりを目指していくうえで欠かせない成分が豊富に含まれており、それを肌に補うことで健康な肌作りに役立ってくれます。またサプリメントで摂取することで内面から美容・健康に役立てることもできます。

 

とくにアミノ酸は肌の原材料となるだけでなく、角質層で保湿を担っている天然保湿因子(NMF)の主成分でもあるので非常に重要、体内では合成できない必須アミノ酸も効率よく補うことができます。

 

しかしプラセンタがもっとも注目されているのはこうした栄養価ではなく成長因子(グロースファクター)の存在でしょう。これは胎児の細胞分裂を促す働きを持つもので、スキンケア成分として使用すると角質細胞の働きを活性化させることができます。

 

人間の肌は老化が進むと働きが低下し、それがターンオーバーの乱れなどの問題を引き起こします。肌のターンオーバーは通常28日周期といわれていますが、年齢を重ねるにつれてその周期は遅れがちになり、40代になると40日以上、50代になると50日以上になってしまうといわれます。

プラセンタはメラニン色素の働きを抑制する働きから美白成分としても配合されている

おすすめ基礎化粧品のお試し

その結果古い角質が蓄積してくすみやシミの原因となり、ハリの低下と乾燥をもたらすことでシワ・たるみを引き起こすのです。プラセンタの成長因子はこうした老化の典型的なパターンを防ぐことができます。

 

さらに近年注目を集める機会が増えているのが美白作用です。シミの直接の原因となるメラニン色素を抑制する働きがあるうえ、肌への刺激が少ないので乾燥肌や敏感肌、老化が進んでいる肌でも使いやすい美白成分として美白化粧品に配合される機会が増えています。

 

そんなプラセンタ配合の化粧品選びではひとつ重要なポイントがあります。それは本来胎盤から抽出されたエキスなのにも関わらず、胎盤を持っていない植物や魚から抽出されたエキスを「植物プラセンタ」「マリンプラセンタ」と名づけて売っている製品もあることです。

 

これらの成分は配合成分などが本来のプラセンタと共通しており、ある程度同じ効果が期待できるのですが、成長因子は含まれていないのでターンオーバーの活性化などの働きは限定されてしまいます。この点にはくれぐれも注意したうえで選んでいくよう心がけましょう。

ハイドロキノンの働きと化粧品選びのポイント

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」「最強の美白成分」などと呼ばれる成分です。おそらく化粧品に配合されている美容成分の中でもこれほど評価が分かれる成分もないでしょう。扱いが難しい面もあるため、化粧品選びの段階から正しい知識を踏まえておくことが大事です。

ハイドロキノンは美白成分では数少ないシミ還元作用を持っている成分

おすすめ基礎化粧品のお試し

もともとこの成分は医療用に用いられていたもので、化粧品への配合は禁止されていました。

 

それが薬事法の改正によって配合が解禁され、美白成分として一気に広く知れ渡るようになりました。現在ではさまざまな美白成分が美白化粧品に配合されていますが、現在でもハイドロキノンに勝る効果を備えているものはないといわれています。

 

このハイドロキノンには2つ美白効果を備えています。まずはシミの直接の原因となるメラニン色素を抑制する働き。メラニン色素は肌が紫外線などのダメージを受けた際にメラノサイトという組織とチロシナーゼという酵素の働きによって生成されます。ハイドロキノンはその際にチロシナーゼの働きを抑制することでメラニン色素が生成されるメカニズムを防ぐことができるのです。

 

このメラニン色素を抑制する働きは他の美白成分にも備わっているのですが、ハイドロキノンにはもうひとつ、還元作用という重要な働きもあります。

 

メラニン色素の抑制は基本的にシミの予防を目的としたものです。それに対して還元作用はすでにメラニン色素が沈着を起こしてシミになっている状態を改善するのに役立ちます

ハイドロキノンは刺激が強いので低濃度の化粧品から試してみる

おすすめ基礎化粧品のお試し

沈着を起こしたメラニンを薄くし、目立たなくしていくことができるのです。この点は多くの美白成分にはない非常に大きなメリット、すでにシミに悩まされている方にとってはハイドロキノンは最高の選択肢といってもよいでしょう。

 

このように効果の点では抜群のものを持っているハイドロキノンですが、一方で扱いが難しい面を持ち合わせています。まず肌への刺激が強い点、乾燥肌や敏感肌の方が使用すると効果よりも肌荒れなどのトラブルが表面に出てしまう恐れがあります。

 

また、美白効果が強く出すぎて白くなりすぎてしまう、その部分だけ白斑と呼ばれる白い斑点になってしまうといったリスクも報告されています

 

そのためハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ際には自分の肌に合っているかどうかを確認しておくこと、そして濃度を必ずチェックしておくことが欠かせません。市販のハイドロキノン配合化粧品はだいたい1〜3パーセント程度の濃度となっているのではじめて使用する際には1パーセントから試してみて、肌との相性を確認しておくのが無難な使い方となるでしょう。

コスメルジュ編集部が選んだおすすめ化粧品トライアルセット一覧!

 

コスメルジュ編集部おすすめのトライアルセット

B.A ベーシックセット

B.A ベーシックセット

7年連続ベストコスメ!エイジングケアのTopブランドB.Aをラインで
11,000円・税込(クレンジング20g・洗顔料20g・ローション20mL・乳液15mL・クリーム5g)
詳しく見てみる!>>

ミューノアージュ

基礎化粧品おすすめミューノアージュ

加齢や紫外線で衰えてきた肌を再生させる人気急上昇のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,650円・税込
(化粧水30mL・クリーム7g・薬用美白美容液2mL×2包)
詳しく見てみる!>>

サントリー エファージュ
基礎化粧品おすすめエファージュ

40〜50代の目元口元のハリ不足に注目を集める酵母エキス配合化粧品
7日間トライアルセット1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・ハリ美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g・美白美容液 2回分)
詳しく見てみる!>>

プリオール

基礎化粧品おすすめ50代プリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,100円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・美白乳液(日中用)7ml・乳液18ml・BBジェルクリーム2包)
詳しく見てみる!>>

KOSE MAIHADA(米肌)

KOSE MAIHADA(米肌)

乾く年齢肌に!セラミドを増やして乾燥肌質を改善するライスパワーNo.11
2週間トライアルセット1,389円・税別
(肌潤石けん15g・肌潤化粧水30mL・肌潤改善エッセンス12mL・肌潤クリーム10g・肌潤化粧水マスク1枚)
詳しく見てみる!>>