便利だけど効果はそこそこ?オールインワン化粧品も考えたい!

オールインワン化粧品のメリット・デメリット

オールインワン化粧品にはメリットとデメリットの両方があります。メリットだけに目を向けるのではなく、デメリットも踏まえたうえで自分に適した製品を選び、そして正しい方法で使っていくことが大事です。

オールインワンのメリットは1本でケアが済ませられる

オールインワンのメリットとデメリット

メリットといえばやはり手軽にケアができる点がまず第一でしょう。単品のアイテムを使用する場合には化粧水、美容液、乳液、クリームと順番に使っていくのを1本で済ませることができるのですから、手間を何分の一にもカットすることができます

 

とくにあわただしい朝のケアにこのメリットにありがたみを感じるものです。仕事、子育て、家事と何かと忙しい生活を送っている方でも毎日しっかりとケアができるという点も大きな魅力です。

 

またこの手間を省けるメリットは摩擦による刺激を軽減できるという重要な面ももたらします。単品のアイテムをひとつひとつ使用するよりも指で肌に塗付する際の摩擦の刺激を減らすことができるわけですが、この摩擦による刺激が肌に大きな負担となってしまっているケースも多いのです。

 

とくに年齢を重ねてバリア機能が低下してしまっている肌の場合は摩擦のダメージの蓄積が知らず知らずのうちにトラブルの原因になってしまっていることも少なくありません。エイジングケアでオールインワンが増えているのもこれが大きな理由です。

オールインワンのデメリットはひとつひとつの効果が劣ってしまう

オールインワンのメリットとデメリット

あとは経済的な点も見逃せないでしょう。これは単に出費を抑えることができるだけでなく、浮いたお金で目元専用の美容液を購入するなど、トラブルに集中的なケアができる環境を作るうえでも大きな意味を持ちます。

 

こうしたメリットに対してデメリットとしては「融通が利かない」点が挙げられます。単品のアイテムを使用する場合には化粧水がイマイチの場合、美容液の効果が実感できない場合にはそれぞれを他の製品に切り替えることでスキンケア環境を調節していくことができます。

 

それに対して1本で済ませるオールインワンは「化粧水の効果だけが物足りない」「もうちょっと美容液の効果が欲しい」と感じた場合でも調節ができず、そのまま我慢するか、別の製品に切り替えてスキンケア環境全体をそっくり変更するかの二者択一しかありません。そのためなかなか完璧に自分に合う製品を見つけにくい面があるのです。

 

肌質は加齢や生活環境の影響で変化することもありますから、そのたびに製品の切り替えを検討しなければならない、というのもマイナス点でしょう。

 

あとはどうしても単品のアイテムに比べてひとつひとつの効果が劣ってしまう点もデメリットです。こうした点も踏まえた上でできるだけメリットだけを得られる製品を見つけられるかが最大のポイントとなるわけです。

 

オールインワン化粧品の上手な選び方・使い方

オールインワン化粧品は選び方が難しい面があります。化粧水や美容液を単品で使用する場合に比べて化粧水だけを切り替える、美容液を替えてみるといった融通が利かず、不満を感じた場合にはスキンケア環境全体を変更しなければならなくなります。1本でひと通りのケアができる一方、何かしら不満を感じた環境で使い続けなければならない、といった面もあるわけです。それだけにできるだけ自分の肌に合ったものを選ぶことが重要です。

どこまでの効果をオールインワンで求めるかが重要

オールインワンの選び方

ではどういった点を意識して選んでいけばよいのか?まず自分がどんな肌の悩みを抱えており、どんな成分を必要としているのかを把握しておきましょう。この肝心な部分が不足しているとどうしても不満を感じてしまいますし、逆にこの部分をしっかりカバーできていれば少しくらい不満点があっても問題なく使っていけるものです。

 

保湿効果を第一に考えるのか、抗酸化成分による老化対策か、美白効果によるシミ対策か、またはハリ改善によるたるみ・シワ対策か。1本でひと通りのケアができる利便性だけでなく、自分が求めている効果を備えているかも忘れずにチェックしていきましょう。

 

それからどこまで「オールインワン」を求めるか。たとえば目元のシワやくすみの悩みを抱えている方はオールインワンに加えて目元専用の美容液を使用する、といった選択肢もあります。

 

逆に一般的な化粧水、美容液、乳液、クリームの役割だけでなく化粧水やパックなど幅広い役割を求める選択肢もあるでしょう。オールインワンだけで基本的なケアを済ませてしまうのか、プラスアルファで何かを加えるのか、この点を決めておくとより自分に合った製品を見つけやすくなります。

浸透性が高いオールインワンを選ぶこと

オールインワンの選び方

使い方に関してはできるだけ肌に馴染みやすく浸透しやすいよう意識していくことが第一です。通常のスキンケアではまず化粧水で肌を整え、美容液で有効成分を浸透させ、クリームでフタをする…といった段階を踏むわけですが、オールインワンはそれを同時に行うことになるため、使い方をしっかりわきまえておかないと肌に十分に馴染まずに効果が得られない可能性もあるのです。

 

使う際には洗顔をしっかり行い汚れを落としておくこと、手を清潔な状態にして使うこと、あまり指で強く擦らずに塗付していくことなど、基本的な部分ではありますがそれだけに忘れないようにしましょう。手のひらにとってから温めてから塗付すると浸透性がアップするので試してみるとよいでしょう。

 

このようにオールインワンは使い勝手がよい一方で理想的な形で使っていくにはいろいろな点を踏まえておく必要もあります。手間を省いて手軽にケアできるメリットを活かせるような製品選びと使い方を心がけて日々のスキンケアに役立てていきましょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだおすすめ化粧品トライアルセット一覧!>>

コスメルジュ編集部おすすめのトライアルセット

B.A ベーシックセット

B.A ベーシックセット

7年連続ベストコスメ!エイジングケアのTopブランドB.Aをラインで
10,800円・税込(クレンジング20g・洗顔料20g・ローション20mL・乳液15mL・クリーム5g)
公式HPで詳しく見てみる!>>

ミューノアージュ

基礎化粧品おすすめミューノアージュ

加齢や紫外線で衰えてきた肌を再生させる人気急上昇のドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30mL・クリーム7g・薬用美白美容液2mL×2包)
公式HPで詳しく見てみる!>>

サントリー エファージュ
基礎化粧品おすすめエファージュ

40〜50代の目元口元のハリ不足に注目を集める酵母エキス配合化粧品
7日間トライアルセット1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・ハリ美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g・美白美容液 2回分)
公式HPで詳しく見てみる!>>

プリオール

基礎化粧品おすすめ50代プリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・美白乳液(日中用)7ml・乳液18ml・BBジェルクリーム2包)
公式HPで詳しく見てみる!>>

KOSE MAIHADA(米肌)

KOSE MAIHADA(米肌)

乾く年齢肌に!セラミドを増やして乾燥肌質を改善するライスパワーNo.11
2週間トライアルセット1,389円・税別
(肌潤石けん15g・肌潤化粧水30mL・肌潤改善エッセンス12mL・肌潤クリーム10g・肌潤化粧水マスク1枚)
公式HPで詳しく見てみる!>>